「幼児虐待」根絶に奮起 坂本美雨らママタレ軍団の説得力

公開日: 更新日:

 他人に任せてはいられない――。東京・目黒で起きた実父らによる5歳女児の虐待死事件を受け、子育て中のママタレントたちが結成した児童虐待防止を掲げるチームが奮起している。

「#こどものいのちはこどものもの」を標榜し、エッセイストの犬山紙子(36)、タレントの真鍋かをり(38)、福田萌(33)、ミュージシャンの坂本美雨(38)、「あやまんJAPAN」元メンバーのファンタジスタさくらだ(33)の5人が活動を行っているのだ。

 SNSを中心に呼びかけをし、10日には児童相談所の体制強化やLINEでの相談窓口の設置を求める要望書と賛同する5000人のメッセージを牧原秀樹厚労副大臣に提出した。ワイドショーで発言するだけでなく、実際の行動に移した彼女らは“言うだけ番長”の何倍もの説得力がある。

 しかも、坂本美雨は発売中の「婦人公論」(7月24日号)で〈虐待の連鎖を断ち切るため、母となった私にできること〉と題した自身の体験インタビューに応じている。父で厳格だった坂本龍一との幼き日の記憶として、〈時には怒りに任せて手が出ることもありました。~中略~そういう時は、ただただ父の威圧感に怯えていたような気がします〉などと述懐。世間が抱く有名音楽一家のイメージを覆す衝撃的な告白をしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る