「幼児虐待」根絶に奮起 坂本美雨らママタレ軍団の説得力

公開日:

 他人に任せてはいられない――。東京・目黒で起きた実父らによる5歳女児の虐待死事件を受け、子育て中のママタレントたちが結成した児童虐待防止を掲げるチームが奮起している。

「#こどものいのちはこどものもの」を標榜し、エッセイストの犬山紙子(36)、タレントの真鍋かをり(38)、福田萌(33)、ミュージシャンの坂本美雨(38)、「あやまんJAPAN」元メンバーのファンタジスタさくらだ(33)の5人が活動を行っているのだ。

 SNSを中心に呼びかけをし、10日には児童相談所の体制強化やLINEでの相談窓口の設置を求める要望書と賛同する5000人のメッセージを牧原秀樹厚労副大臣に提出した。ワイドショーで発言するだけでなく、実際の行動に移した彼女らは“言うだけ番長”の何倍もの説得力がある。

 しかも、坂本美雨は発売中の「婦人公論」(7月24日号)で〈虐待の連鎖を断ち切るため、母となった私にできること〉と題した自身の体験インタビューに応じている。父で厳格だった坂本龍一との幼き日の記憶として、〈時には怒りに任せて手が出ることもありました。~中略~そういう時は、ただただ父の威圧感に怯えていたような気がします〉などと述懐。世間が抱く有名音楽一家のイメージを覆す衝撃的な告白をしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る