• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

 双子の男児を出産した仲間由紀恵の夫・田中哲司は本当に“改心”したのか。7月13日発売の「フライデー」によると、6月下旬、田中は居ても立ってもいられない様子で、仲間の入院先に通っていたという。今は妻子のことで頭がいっぱいのようだ。

 ただ、田中は仲間が必死に妊活をしていた昨年6月、ヘアスタイリストとの不倫デートを報じられた。その後、田中はひたすら仲間に平謝りで、以前は全くしなかった料理まで手伝うようになったらしいが、周囲は田中の“悪い虫”がいつまた騒ぎ出すかを案じているという。

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏がこう言う。

「散々遊び歩いていた男性が、子供が生まれた途端に“良きパパ”に変貌を遂げる話をよく聞きます。田中が授かったのは双子ですから、子育てに手もかかるし、しばらくの間はおとなしくしていると思います。しかし、女好きで知られる俳優や芸人たちの過去の行動を振り返ると、大体、同じような失敗を繰り返す傾向があります」

 愛妻家・田中哲司の今後の言動を見守る必要がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る