下馬評覆しドラマ快調も…大化けイケメン山崎賢人の課題

公開日: 更新日:

 山崎賢人が初の医師役に挑戦する「グッド・ドクター」の下馬評は最悪だった。そもそもフジテレビの「木10」ドラマは低迷が続き、“爆死枠”とまでいわれる。なにしろ、15年1月期の真木よう子主演「問題のあるレストラン」以降、前作の「モンテ・クリスト伯」まで、視聴率10%割れが続いている。おまけに、自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題があり、サヴァン症候群の小児科医という難役を演じる山崎は、「棒演技」やら「2・5次元演技」と揶揄されるほどの人気先行俳優。5年前に韓国で大人気となった同名人気ドラマのリメークだけに、韓国版と比較され、酷評されると予想されてさえいた。

 ところが始まってみると、初回視聴率はなんと11.5%。1月期に主演したドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)は全話平均視聴率6.9%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)と惨敗、話題の主演映画「羊と鋼の森」も大コケだった山崎が、辛くも「結果を出せない人気先行俳優」の汚名を返上した。しかも、課題の演技についても「引き込まれた」「リアリティーが凄い」など評価が急上昇している。いったい何が山崎を変えたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る