• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

下馬評覆しドラマ快調も…大化けイケメン山崎賢人の課題

 山崎賢人が初の医師役に挑戦する「グッド・ドクター」の下馬評は最悪だった。そもそもフジテレビの「木10」ドラマは低迷が続き、“爆死枠”とまでいわれる。なにしろ、15年1月期の真木よう子主演「問題のあるレストラン」以降、前作の「モンテ・クリスト伯」まで、視聴率10%割れが続いている。おまけに、自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題があり、サヴァン症候群の小児科医という難役を演じる山崎は、「棒演技」やら「2・5次元演技」と揶揄されるほどの人気先行俳優。5年前に韓国で大人気となった同名人気ドラマのリメークだけに、韓国版と比較され、酷評されると予想されてさえいた。

 ところが始まってみると、初回視聴率はなんと11.5%。1月期に主演したドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)は全話平均視聴率6.9%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)と惨敗、話題の主演映画「羊と鋼の森」も大コケだった山崎が、辛くも「結果を出せない人気先行俳優」の汚名を返上した。しかも、課題の演技についても「引き込まれた」「リアリティーが凄い」など評価が急上昇している。いったい何が山崎を変えたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る