下馬評覆しドラマ快調も…大化けイケメン山崎賢人の課題

公開日:

 山崎賢人が初の医師役に挑戦する「グッド・ドクター」の下馬評は最悪だった。そもそもフジテレビの「木10」ドラマは低迷が続き、“爆死枠”とまでいわれる。なにしろ、15年1月期の真木よう子主演「問題のあるレストラン」以降、前作の「モンテ・クリスト伯」まで、視聴率10%割れが続いている。おまけに、自閉症スペクトラム障害でコミュニケーション能力に問題があり、サヴァン症候群の小児科医という難役を演じる山崎は、「棒演技」やら「2・5次元演技」と揶揄されるほどの人気先行俳優。5年前に韓国で大人気となった同名人気ドラマのリメークだけに、韓国版と比較され、酷評されると予想されてさえいた。

 ところが始まってみると、初回視聴率はなんと11.5%。1月期に主演したドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)は全話平均視聴率6.9%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)と惨敗、話題の主演映画「羊と鋼の森」も大コケだった山崎が、辛くも「結果を出せない人気先行俳優」の汚名を返上した。しかも、課題の演技についても「引き込まれた」「リアリティーが凄い」など評価が急上昇している。いったい何が山崎を変えたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る