沢村一樹「絶対零度」は苦戦続くフジ月9の救世主になるか

公開日:

 沢村一樹は奇跡を起こすか? フジテレビ凋落の象徴とまでいわれた「月9」で初めて主役を演じ、初回視聴率で10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、「コード・ブルー」以来1年ぶりの2桁発進。月9枠のトレンディーイメージとは真逆の、“暑苦しいオッサン”起用が奏功した格好だ。

 沢村が主演する「絶対零度」は今回が3シーズン目で、未来に重大犯罪を犯す可能性が高い危険人物をAIが予測し、犯罪を未然に防ぐために捜査する「未然犯罪捜査システム」がテーマ。過去2回は上戸彩主演で、1作目が最高視聴率18.0%、2作目が16.3%を記録した人気作。それなのに、あえて主役をすげ替えてまで第3作をスタートさせたのはなぜか。

「低迷が続いたフジのドラマに出演して“低視聴率俳優”の汚名を着せられたくないと、多くの俳優が出演を避けているんです。上戸彩もそのひとり。ヒット作で勝負したいフジとしては仕方なく上戸の翻意を諦めサイドストーリーのみの出演とし、新たに主役として沢村に白羽の矢を立てた。前2作より数字は落ちていますが、局内では上々の滑り出しとみています」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る