同世代女子からは不評…土屋太鳳に求められる“脱・優等生”

公開日:

 看板を張るのは大変なこと。映画やドラマ、CMに出ずっぱりの感がある土屋太鳳(23)だが、プライムタイム枠での民放連続ドラマ主演は初体験。しかも、昨年3月公開で、大ヒットした広瀬すず主演の同名映画「チア☆ダン」の9年後を描いた続編というのだから、プレッシャーは相当大きいはず。いやが応でも広瀬と比較されてしまう。しかも、その広瀬が先生役で特別出演するとあっては、やりにくさもひとしおだろう。

 気になる初回視聴率は8・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とかなり微妙。ネットの評価も「23歳の土屋が女子高生役って正直無理がある」「映画版とストーリーが似ていて面白みがない」など、厳しい意見が多かった。一方で、日本女子体育大学で舞踊学を専攻する土屋のダンスの実力には賛辞が集まった。初回を見る限り、好き嫌いがはっきり分かれたと言っていいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る