同世代女子からは不評…土屋太鳳に求められる“脱・優等生”

公開日: 更新日:

 看板を張るのは大変なこと。映画やドラマ、CMに出ずっぱりの感がある土屋太鳳(23)だが、プライムタイム枠での民放連続ドラマ主演は初体験。しかも、昨年3月公開で、大ヒットした広瀬すず主演の同名映画「チア☆ダン」の9年後を描いた続編というのだから、プレッシャーは相当大きいはず。いやが応でも広瀬と比較されてしまう。しかも、その広瀬が先生役で特別出演するとあっては、やりにくさもひとしおだろう。

 気になる初回視聴率は8・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とかなり微妙。ネットの評価も「23歳の土屋が女子高生役って正直無理がある」「映画版とストーリーが似ていて面白みがない」など、厳しい意見が多かった。一方で、日本女子体育大学で舞踊学を専攻する土屋のダンスの実力には賛辞が集まった。初回を見る限り、好き嫌いがはっきり分かれたと言っていいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る