若者の夢につけ入り商売…ブラック化するTVと芸能界の末路

公開日: 更新日:

 ダウンタウンの松本人志が「バラエティはいよいよ大変だ」とツイートしたのは昨年の11月だったが、その通りの展開になってきている。

「でもさ、テレビで腹痛いぐらい笑わせたいやん」と松本は続けたが、とんねるずがやっていたような暴走はほとんどがセクハラ、パワハラだろう。石橋のネタには、LGBT(性的少数者)を嘲笑しているといった批判もあったが、これらのほかにコンプライアンス問題もあり、日本の芸人やお笑いタレントが笑いにしていたようなネタはもう立ち行かない。ナイナイらが出演していた「めちゃイケ」の終了も時代の趨勢だったのだろう。

 昔はドリフの「8時だョ!全員集合」のコントに銭湯が出てきて、裸の女のおっぱいがお茶の間に流れていた。制作側からすれば、視聴率を稼ぐための安直な手だったが、今同じようにおっぱいを露出させる局はない。世論を恐れ、スポンサーを恐れ、及び腰なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る