てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「弱者」の立場に立たない ミッツ・マングローブの“誇り”

公開日: 更新日:

「今は『私は弱者です!』って言った人が、勝ちなんです」(ミッツ・マングローブ/フジテレビ石橋貴明のたいむとんねる」6月4日放送)

 昨年、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)で、かつての名物コントキャラ・保毛尾田保毛男が登場し、物議を醸した。その名を含め、「差別」的だと。そのことに関し、爆笑問題太田光に「見て傷つきました?」と尋ねられた、LGBTの当事者であるミッツ・マングローブ(43)は「私は保毛男ちゃんに、むしろ救われた世代」「からかわれた人もいれば、保毛男ちゃんみたいに振る舞えば、ひとつ、そこはギャグとしてからかわれずにいけるんだっていう人も半々でいる」と語った上で、言い放ったのが今週の言葉だ。

 ミッツは、小5から中3までイギリスで過ごした。大学卒業後、再びイギリスに留学して帰国。昼は通訳、夜は2丁目のゲイクラブで「ドラァグクイーン」として舞台に立つようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る