てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「弱者」の立場に立たない ミッツ・マングローブの“誇り”

公開日:

「今は『私は弱者です!』って言った人が、勝ちなんです」(ミッツ・マングローブ/フジテレビ「石橋貴明のたいむとんねる」6月4日放送)

 昨年、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)で、かつての名物コントキャラ・保毛尾田保毛男が登場し、物議を醸した。その名を含め、「差別」的だと。そのことに関し、爆笑問題の太田光に「見て傷つきました?」と尋ねられた、LGBTの当事者であるミッツ・マングローブ(43)は「私は保毛男ちゃんに、むしろ救われた世代」「からかわれた人もいれば、保毛男ちゃんみたいに振る舞えば、ひとつ、そこはギャグとしてからかわれずにいけるんだっていう人も半々でいる」と語った上で、言い放ったのが今週の言葉だ。

 ミッツは、小5から中3までイギリスで過ごした。大学卒業後、再びイギリスに留学して帰国。昼は通訳、夜は2丁目のゲイクラブで「ドラァグクイーン」として舞台に立つようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る