てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

「弱者」の立場に立たない ミッツ・マングローブの“誇り”

公開日: 更新日:

「今は『私は弱者です!』って言った人が、勝ちなんです」(ミッツ・マングローブ/フジテレビ石橋貴明のたいむとんねる」6月4日放送)

 昨年、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)で、かつての名物コントキャラ・保毛尾田保毛男が登場し、物議を醸した。その名を含め、「差別」的だと。そのことに関し、爆笑問題太田光に「見て傷つきました?」と尋ねられた、LGBTの当事者であるミッツ・マングローブ(43)は「私は保毛男ちゃんに、むしろ救われた世代」「からかわれた人もいれば、保毛男ちゃんみたいに振る舞えば、ひとつ、そこはギャグとしてからかわれずにいけるんだっていう人も半々でいる」と語った上で、言い放ったのが今週の言葉だ。

 ミッツは、小5から中3までイギリスで過ごした。大学卒業後、再びイギリスに留学して帰国。昼は通訳、夜は2丁目のゲイクラブで「ドラァグクイーン」として舞台に立つようになった。

 ある日のステージで、ミッツは「生歌」を披露。それがちょっとした波紋を呼んだ。なぜなら、日本のドラァグクイーンは口パク=リップシンクが伝統だ。「女装×生歌」という組み合わせは“違和感”満載で、その存在が“業界”内に知れ渡るようになったという。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今