10年ぶり主演…織田裕二に託されたフジ月9「復権」の行方

公開日:

 織田裕二(50)の10年ぶりフジテレビ“月9”ドラマ主演が話題だ。織田の“月9”というと、中高年世代には91年に大ヒットし社会現象にもなったドラマ「東京ラブストーリー」の印象が強く、フジの上層部は「織田で月9ブランドは復権だ」と息巻いているそうだが、若手になればなるほど「完全な時代錯誤」と冷めていて、「大丈夫なのか」と不安がっているという声が漏れ伝わる。

■夢よもう一度か、「昔の名前」か

 織田が10年前に主演した月9ドラマ「太陽と海の教室」は平均視聴率14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と結果を出し、実績はあるとの判断もあるらしい。しかし、サッカー日本代表のW杯初戦、6月19日に行われたコロンビア戦の裏番組でフジが織田の主演映画「ボクの妻と結婚してください。」を地上波で初放送したところ、視聴率3.6%と散々な結果に。フジテレビでは「月9の救世主」と「しょせんは昔の名前」との声が局内を二分しているというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る