成宮、クラブW杯…ツキに見放された織田裕二「IQ246」

公開日: 更新日:

 18日に放送された織田裕二(49)主演ドラマ「IQ246」(TBS系)の最終回となる第10話の平均視聴率が7.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことが20日、分かった。

 同ドラマの放送枠「日曜劇場」は、「半沢直樹」や「天皇の料理番」などヒット作が多いことで有名。昨年同期の「下町ロケット」の最終回は22.3%をマークした。それと比べると、有終の美を飾るには物足りない数字に終わったIQ246だが、この日は“対戦相手”である裏番組が強敵ぞろいだったのも事実。

 フジテレビ系では同時間帯に「THE MANZAI」。日本テレビ系ではクラブW杯「レアル・マドリード×鹿島アントラーズ」が放送され、延長戦までもつれたために終了が午後10時ごろまでずれ込み、IQ246と丸カブリしてしまった。

 ツキに見放されていたのは最終回だけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る