• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

徹子に理解されずとも…やり続けて作り上げた友近の世界観

「あ、ふざけられないなって、その時思ったんですよ。こんなに水谷千重子が独り立ちして進んでいるのなら」(友近/TBS「A―Studio」6月29日放送)

 いまや、すっかり“大物演歌歌手”として認知された水谷千重子。もちろん、実際は友近が扮する架空のキャラだ。

 現在では都市部のみならず、日本各地でコンサートを開催し、多くの観客を動員している。中には友近の存在を知らず、水谷千重子を本物の演歌歌手のひとりとして見に来る高齢のお客さんも少なくないのだという。

 そんなお客さんに涙ながらに握手を求められた時に感じたという友近の言葉を今週は取り上げたい。彼女は「私と水谷千重子は別物だ」と思ったという。

 友近のなりきり芸が現実を飛び越えた結果なのだろう。「芸歴50年」を自称する水谷千重子のコンサートには、中村雅俊、稲垣潤一、堀内孝雄、五木ひろし、川中美幸といった大物歌手も多数参加。五木ひろしを「五(ご)ぅちゃん」と呼べば、「そういえば千重子は僕のこと五ぅちゃんって言ってたよね」と乗ってくれる世界観を時間をかけて作り上げたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る