役者の転換点に…故・津川雅彦さんが語っていた“悪役志願”

公開日:  更新日:

 平成最後の夏に、昭和の名優がまた一人、この世を去った。俳優の津川雅彦(本名・加藤雅彦)さんが今月4日に心不全のため亡くなっていたことが明らかになった。享年78。すでに葬儀は近親者で済ませたという。喪主は長女で女優の真由子さん。津川さんは今年4月27日に芸能界きっての“おしどり夫婦”と呼ばれた愛妻の朝丘雪路さん(享年82)を亡くしたばかり。その後を追うように泉下の人となった。

 昭和・平成を駆け抜けた激動の役者人生だった。祖父は「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三監督で、叔父はマキノ雅弘監督。兄は俳優の長門裕之さんという芸能一家の生まれ。16歳の時に、原作小説を書いた石原慎太郎氏の推薦で映画「狂った果実」(56年)で鮮烈デビュー。石原裕次郎の弟役として二枚目スター街道を歩み始めた。しかしながら、その後は役者としてよりも女性関係のスキャンダルが頻発。デヴィ夫人との熱愛など芸能ゴシップの主役を飾ることの方が多くなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る