役者の転換点に…故・津川雅彦さんが語っていた“悪役志願”

公開日:  更新日:

 平成最後の夏に、昭和の名優がまた一人、この世を去った。俳優の津川雅彦(本名・加藤雅彦)さんが今月4日に心不全のため亡くなっていたことが明らかになった。享年78。すでに葬儀は近親者で済ませたという。喪主は長女で女優の真由子さん。津川さんは今年4月27日に芸能界きっての“おしどり夫婦”と呼ばれた愛妻の朝丘雪路さん(享年82)を亡くしたばかり。その後を追うように泉下の人となった。

 昭和・平成を駆け抜けた激動の役者人生だった。祖父は「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三監督で、叔父はマキノ雅弘監督。兄は俳優の長門裕之さんという芸能一家の生まれ。16歳の時に、原作小説を書いた石原慎太郎氏の推薦で映画「狂った果実」(56年)で鮮烈デビュー。石原裕次郎の弟役として二枚目スター街道を歩み始めた。しかしながら、その後は役者としてよりも女性関係のスキャンダルが頻発。デヴィ夫人との熱愛など芸能ゴシップの主役を飾ることの方が多くなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る