• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“卒業生”作品で話題に「ジェネリックジブリ」って何だ?

 アニメ映画「メアリと魔女の花」は、監督の米林宏昌氏がスタジオジブリを退社後に初めて手掛けた作品。ジブリ時代には、「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」などの原画を担当。「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」ではメガホンを取った。

 プロデューサーも“ジブリ卒業生”で、「ジェネリックジブリ」といわれることも。ジブリっぽいけど、ジブリではない後発作品という皮肉な表現らしい。なぜそう呼ばれるのか。映画ライターの斎藤香氏に聞いた。

「まず、米林監督の前作『思い出のマーニー』が良くて、本作は期待していたのですが、正直マーニーほどの感動はありませんでした。マーニーには、宮崎駿監督(写真)が描かない世界がありました。画風はジブリでも、描く世界が違った。ジブリの色を持ちつつも、宮崎駿ではない次世代が出てきたと思えたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る