田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

彼は今ではバツ3に…結婚しなくてよかった赤ヘルの名選手

公開日: 更新日:

 大阪で試合があるとき、私も東京から合流してお泊まりする予定でいたら、「姫」の山口洋子ママも同じ日に大阪に来るという情報が。最初はテレビ局に近いホテルに宿泊予定だったのですが、ちょっと離れた○○プラザホテルに宿泊先を変更したのです。ところが、朝、ホテルで2人で朝食を取っていたら、洋子ママと鉢合わせ。朝食がおいしいからとわざわざ別のホテルから朝食を食べに来たのです。「あら、あなたたち付き合ってたの?」と言われても言い訳できません。以来、「あら、今日は〇○(彼)のとこ行かないの?」と店でも嫌みたっぷり(笑い)。私が彼と付き合っていることを他のお客さんに話し、他の男性に近づけなくなってしまいました。女性の嫉妬は大変なものだと気づかされる一件でもありました。

 たぶん、あちこちに女はいたんだとは思いますが、彼からは結婚しようと言われていました。しかも彼は子供を望んでいましたし。でも、私は子供が欲しくなかった。そんな話をきっかけに疎遠になっていきました。結局、彼は今ではバツ3。地方で野球に関係する仕事に就いているようですが、あのとき結婚しなくて正解だったと思ってしまいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る