熱愛報道は自作自演? 小倉優子のしたたかな生き残り戦略

公開日: 更新日:

 この話が本当だとしたら、なぜプライベートをそこまで公表する必要があったのか。

「実は小倉の交際を知った事務所サイドが、スポーツ紙にリークしようとしたのですが、その方針に不満を抱いた小倉が、先手を打って雑誌にリークしたそうです。行動からは“事務所の言いなりにはならない”という信念めいたものを感じます」(別のスポーツ紙記者)

 小倉は8年前には契約解除をめぐり前所属事務所と1年間にわたる係争を経て、勝訴した。現事務所へ移籍し、前夫のカリスマ美容師と挙式したのはその直後のこと。昨年3月に離婚すると、毎月80万円の慰謝料と5000万円の別荘を手にした。

 その後はママタレとしても大成功。現在の小倉の住まいは都心の超一等地にある超高級賃貸マンションだ。これ以上、何を望むというのだろう。

「小倉は不思議ちゃんのふりをしていますが、とても賢い。マスコミのこともファン心理もよくわかっていて、自己プロデュース能力にもたけています。ネガティブな報道が出ないように、自ら画策した可能性はあるでしょう。再婚を視野に入れた真剣交際ならイメージダウンにはならないし、歯科医師と実際に再婚すれば、一度失った“セレブママタレント”の座を取り戻すこともできますからね」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

 アカデミー賞にバラエティータレント枠があったとしたら、小倉優子が受賞するに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る