城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

昔も今もこれからも…舘ひろしは「終わった人」ではない

公開日: 更新日:

 今月上旬、舘ひろし(68)がモントリオール世界映画祭で最優秀男優賞を受賞した。映画「終わった人」の演技に対して、ということだ。会見で彼は「本当なのかな。どうなってるんだと思った」と謙遜していた。

 僕は別の仕事で受賞会見に行くことができなかった。でも、どうしてもお祝いの言葉を伝えたいと思い、現場にいつもついているマネジャーに連絡し、会見に行けなかったおわびと、お祝いの言葉を伝えてもらった。

 すると夜になって、僕の携帯が鳴った。「いやぁ、ありがとう。思ってもいなかったよ」と、舘本人からの電話にビックリしながらも、短く会話させてもらった。

 電話でもそうだし、記者会見から終始、「自分は演技派ではない」という態度だったが、僕はそうは思わない。若い頃から刑事モノが多く、アクション俳優といった立ち位置を要求され続けてきたが、「あぶない刑事」シリーズでは笑いを取る要素も多かったし、映画「免許がない!」でも大スターが初めて免許をとる役柄でコミカルな演技を開花させてみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る