笑福亭鉄瓶さん 履歴書の住所は野宿をしていた青山の公園

公開日:

 笑福亭鉄瓶さん(40)が苦労したのは師匠・鶴瓶さんに弟子入りできるまでの日々。上京してから“出待ち”を続けた2年間を語ってくれた……。

 ◇  ◇  ◇

 僕は弟子の修業中より、弟子入り志願してた時期が一番の苦労でした。

 奈良の田舎で鶴瓶師匠の番組「パペポTV」を見ていて「身近に起こった出来事をテレビであんなふうに面白く話したいなぁ」と憧れて、「鶴瓶の弟子になろう!」と決めたんですよ。

 でも、普通の落語家なら寄席で待っていれば会えるけど、鶴瓶師匠は当時、ほぼ落語してませんから。

 ただ、師匠の家には行きたくなかった。毎週木曜日に「笑っていいとも!」(フジテレビ系)に出てはるから、新宿のアルタに行けば会えるわと思い、1年で上京費用30万円弱を貯めて、20歳の時に東京に行ったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る