お笑いコンビ「がっつきたいか」は既婚なのに今もバイト中

公開日:

 中学から日大卒業まで一緒の仲良しコントコンビ「がっつきたいか」。法学部卒、2人の子持ちの倉田哲史さん(37=写真右)は奥さんに「歩いて帰ってこい」と言われたり、商学部卒、メガネで長身の市村雄介さん(37=同左)は逆に奥さんが優しくて……。

倉田 僕ら中学・高校から日本大学まで、ずっと一緒なんですよ。仲がいい。共通の趣味はお笑いのネタ番組を見ることで、「あのコンビ面白い」とか、よく話してました。

市村 商学部と法学部の合同の落語研究会に入ろうと、倉田を誘ったのがコンビを組むきっかけ。

倉田 僕は法学部出たのにお笑いを始めて就職せず。高校の時に出会った人と30歳の時に結婚した。奥さんは公務員。母親はもともと法務局にいて、その後は法律事務所で働いてます。僕もそこでバイトさせてもらい、書類作成などやってます。母が元公務員で奥さんが現役公務員。僕だけアウトローです(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る