うしろシティ金子学 台場まで往復40キロ歩いた下積み時代

公開日:  更新日:

 若手芸人の登竜門のひとつ、NHK新人演芸大賞で2012年に大賞を受賞した実力派コンビ「うしろシティ」。新潟出身でボケ担当の金子学さん(37)の下積み時代は……。

  ◇  ◇  ◇

 レインボーブリッジと僕の下積み時代はすごくリンクするんです。といっても、ドラマ「踊る大捜査線」に出演したとか、そんなネタじゃないですよ。いつもお金がなくてピーピーしてた頃を思い出すんです。

 大学を卒業した03年から、09年に「うしろシティ」を組んで11年くらいまでの約8年間です。その頃、毎月の生活費は予算が10万円。お笑いでの月収は数万円でしたから、不足分はアルバイトで補ってました。

 でも、「週5日、出ます」と面接でタンカを切ったものの、ネタ作りや稽古、オーディション、たまーにテレビの収録が突然入ったりで実際は2カ月に1回ぐらいしか行けず、あっさりクビ。これの繰り返しで財布はいつもすっからかんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る