吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

所ジョージ編<後編>正反対の明石家さんまとのアンパン事件

公開日: 更新日:

 私が見る限り、さんまさんが心底楽しそうな顔をしているのは所さんと共演している時だ。所さんは、いつも本番1時間前に来て、収録後はまっすぐ自宅に帰り、外食はほとんどしない。私も付き合いは30年になるが、外食は2回しかご一緒したことがない。というのも、奥さんの手料理は、私もさんまさんのオーストラリアの別荘でご相伴にあずかったことがあるのだが、腕前はプロ以上、とにかくおいしいのだ。逆に“寂しがり屋”の明石家さんまさんは「恋のから騒ぎ」の収録後は必ず、隔週で17年もの間、スタッフを西麻布の高級焼き肉へ自腹で連れて行ってくれた。まさに対照的な2人である。

 私が制作した番組で1992年に始めた「さんま・所のオシャベリの殿堂」という特番があるのだが、特番にもかかわらず26回も続いた。理由は、所さんはミュージシャン畑、さんまさんは芸人で、互いの領域に侵食しなかったのが良かったのだと思う。以前、さんまさんの番組に、松本人志さんや故・やしきたかじんさんが出演されたとき、本番が終わると緊張が解けたのか汗びっしょりでスタジオから出て行くのを見たことがある。一方、所さんはケロッとしている。“当意即妙な笑い”のさんまさんと“発想やセンスでうならせる”所さんの芸風の違いなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る