バーニングプロ息子が世襲否定…どうなる“芸能界ドン”の座

公開日: 更新日:

 大手芸能プロも後継者選びで揺れているのか――。「芸能界のドン」といわれる周防郁雄氏(77)が社長を務めるバーニングプロで、周防氏の後を継ぐとみられた長男・彰悟氏(43)のこんなコメントが週刊文春に掲載されて話題だ。

「僕はそんな器じゃない。バーニングプロダクションは周防郁雄一代限りのもの。僕が後を継ぐなんて話はないし、父も最後までやり遂げると言っている」

 タレントの杉原杏璃(36)がこのほど結婚を発表。「音楽出版社社長」と紹介された相手が実はこの彰悟氏。同誌が結婚と今後について直撃したところ、自らの後継説について明確に否定したというのだ。

「彰悟氏をめぐっては、同社の法人登記簿に記載された『役員の事項』の取締役のひとりだったのですが、昨年2月28日をもって『辞任』したと報じられた。この頃から後継者はどうなっているのか? と噂になっていたが、今回はっきりと世襲の可能性はないと本人が明言した」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る