バーニングプロ息子が世襲否定…どうなる“芸能界ドン”の座

公開日: 更新日:

 大手芸能プロも後継者選びで揺れているのか――。「芸能界のドン」といわれる周防郁雄氏(77)が社長を務めるバーニングプロで、周防氏の後を継ぐとみられた長男・彰悟氏(43)のこんなコメントが週刊文春に掲載されて話題だ。

「僕はそんな器じゃない。バーニングプロダクションは周防郁雄一代限りのもの。僕が後を継ぐなんて話はないし、父も最後までやり遂げると言っている」

 タレントの杉原杏璃(36)がこのほど結婚を発表。「音楽出版社社長」と紹介された相手が実はこの彰悟氏。同誌が結婚と今後について直撃したところ、自らの後継説について明確に否定したというのだ。

「彰悟氏をめぐっては、同社の法人登記簿に記載された『役員の事項』の取締役のひとりだったのですが、昨年2月28日をもって『辞任』したと報じられた。この頃から後継者はどうなっているのか? と噂になっていたが、今回はっきりと世襲の可能性はないと本人が明言した」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  10. 10

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る