二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

「イッテQ」やらせ疑惑 “ない”ものを“ある”が最大の問題

公開日: 更新日:

「くだらないことを一生懸命やるから価値が生まれるんだよ」

 漫画家の赤塚不二夫氏が口癖のように言っていた言葉である。「天才バカボン」など数々のギャグ漫画をヒットさせたが、「大人がくだらないことをやって」とバカにされることもあった。それでも一心不乱にバカなことを考えて生まれたのが赤塚ギャグだった。日テレ系の看板番組「世界の果てまでイッテQ!」はまさに赤塚ギャグのような異色のバラエティー番組。イモトアヤコ、出川哲朗らが一生懸命、真面目に「くだらないこと」に挑戦する。その真剣さは画面からも伝わり、視聴者は笑いと感動に包まれる。トーク中心のバラエティーとの違いは、“イッテQ”は中高年層ファンも多い。

「『どっきりカメラ』や『風雲たけし城』などタレントが真剣にバカげた企画に体を張り挑戦する姿が受けた時代を『イッテQ』は引き継いでいる。中高年はそんな昔の番組を懐かしむように楽しんでいる」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る