「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

公開日: 更新日:

「全く何とも思ってません」――。上沼恵美子はこう言った。先の「M―1グランプリ」で審査員を務めた上沼に対し、とろサーモン久保田かずのぶとスーパーマラドーナ武智正剛がインスタライブで暴言を吐いた一件で、騒動後初めての公でのコメントであった。

 きのう(9日)放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」でのこと。上沼は「ちょっと一言よろしいでしょうか」と切り出し、2人に対し冒頭のように言ったあと、「暴言だなんて言ってますけど全然結構です。悪いですけど、興味ないんです」。そして両手を合わせるポーズを取るとスタジオは大爆笑だった。

「つまりは、絶対に許さない、ということでしょう……」と、ある芸能関係者が騒動の内幕を話す。

「久保田と武智が8日にも上沼さんのもとを訪ね、直接謝罪する方向とされましたけど上沼さんはこれを受けなかった。すでに所属の吉本興業の関係者が謝罪したそうですけど、手打ちのしようもなく、どうしようもないと頭を抱えている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る