「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

公開日: 更新日:

 国民的人気番組「笑点」の大喜利コーナーのレギュラーで、木久扇は最年長である。二つ目時代の1969年に、初代司会者の立川談志に抜擢されレギュラーになって今年で50年になる。ギネスものの記録だ。

「まだ必要とされていることに感謝してます。50年前のレギュラー出演者の皆さんは、亡くなったり病気療養中(林家こん平)だったりで、僕だけ残ったんですね。司会者も歌丸さんを最後に全員送りました。今度は昇太さんを送らなきゃならない(笑い)」

 ここで木久扇の歴代司会者の評を伺おう。

「一番やりやすかったのは三波伸介さんですね。もともと大衆演劇の出身で、コントのてんぷくトリオで売れた方ですから、いろんな笑いの寸法が頭に入ってる。回答者の答えから笑いを引き出す間合いがうまかった。物真似も上手で、僕が物真似をすると物真似で返す。それがまた絶品で、僕にとってはやりやすい司会者でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る