桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

目頭が熱く…桂歌丸師匠を送り出した「笑点」の追悼番組

公開日: 更新日:

 8日の「笑点」(日本テレビ系)は、2日に亡くなった桂歌丸を追悼する「桂歌丸師匠ありがとうスペシャル」。5代目司会者であり、番組勇退後も終身名誉司会者として直前のミニ番組「もう笑点」に出演して、「笑点」メンバーたちと軽妙なやりとりを見せるなど、番組の“顔”として存在し続けた歌丸。誰が言ったか“ミスター笑点”も納得だ。

 私が子供の頃は同じメンバーの三遊亭小円遊と「ハゲ!」「キザ!」とののしり合うのが面白く、小円遊亡き後、三遊亭楽太郎(現・円楽)を相手に今度は「腹黒!」「死に損ない!」などとやりあい、笑いを誘った。

 司会者になってからは他のメンバーからも容姿をネタにからかわれることはあったが、どんなに罵倒されてもニコニコ笑っている師匠の寛大さに感服したものだ。

 挨拶の際の決まりゼリフ「一度でいいから見てみたい 女房のへそくり隠すとこ」のフレーズとともに、あの師匠の笑顔は視聴者の胸に永遠に刻まれることだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る