• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

目頭が熱く…桂歌丸師匠を送り出した「笑点」の追悼番組

 8日の「笑点」(日本テレビ系)は、2日に亡くなった桂歌丸を追悼する「桂歌丸師匠ありがとうスペシャル」。5代目司会者であり、番組勇退後も終身名誉司会者として直前のミニ番組「もう笑点」に出演して、「笑点」メンバーたちと軽妙なやりとりを見せるなど、番組の“顔”として存在し続けた歌丸。誰が言ったか“ミスター笑点”も納得だ。

 私が子供の頃は同じメンバーの三遊亭小円遊と「ハゲ!」「キザ!」とののしり合うのが面白く、小円遊亡き後、三遊亭楽太郎(現・円楽)を相手に今度は「腹黒!」「死に損ない!」などとやりあい、笑いを誘った。

 司会者になってからは他のメンバーからも容姿をネタにからかわれることはあったが、どんなに罵倒されてもニコニコ笑っている師匠の寛大さに感服したものだ。

 挨拶の際の決まりゼリフ「一度でいいから見てみたい 女房のへそくり隠すとこ」のフレーズとともに、あの師匠の笑顔は視聴者の胸に永遠に刻まれることだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る