桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

目頭が熱く…桂歌丸師匠を送り出した「笑点」の追悼番組

公開日:

 8日の「笑点」(日本テレビ系)は、2日に亡くなった桂歌丸を追悼する「桂歌丸師匠ありがとうスペシャル」。5代目司会者であり、番組勇退後も終身名誉司会者として直前のミニ番組「もう笑点」に出演して、「笑点」メンバーたちと軽妙なやりとりを見せるなど、番組の“顔”として存在し続けた歌丸。誰が言ったか“ミスター笑点”も納得だ。

 私が子供の頃は同じメンバーの三遊亭小円遊と「ハゲ!」「キザ!」とののしり合うのが面白く、小円遊亡き後、三遊亭楽太郎(現・円楽)を相手に今度は「腹黒!」「死に損ない!」などとやりあい、笑いを誘った。

 司会者になってからは他のメンバーからも容姿をネタにからかわれることはあったが、どんなに罵倒されてもニコニコ笑っている師匠の寛大さに感服したものだ。

 挨拶の際の決まりゼリフ「一度でいいから見てみたい 女房のへそくり隠すとこ」のフレーズとともに、あの師匠の笑顔は視聴者の胸に永遠に刻まれることだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る