桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

目頭が熱く…桂歌丸師匠を送り出した「笑点」の追悼番組

公開日: 更新日:

 8日の「笑点」(日本テレビ系)は、2日に亡くなった桂歌丸を追悼する「桂歌丸師匠ありがとうスペシャル」。5代目司会者であり、番組勇退後も終身名誉司会者として直前のミニ番組「もう笑点」に出演して、「笑点」メンバーたちと軽妙なやりとりを見せるなど、番組の“顔”として存在し続けた歌丸。誰が言ったか“ミスター笑点”も納得だ。

 私が子供の頃は同じメンバーの三遊亭小円遊と「ハゲ!」「キザ!」とののしり合うのが面白く、小円遊亡き後、三遊亭楽太郎(現・円楽)を相手に今度は「腹黒!」「死に損ない!」などとやりあい、笑いを誘った。

 司会者になってからは他のメンバーからも容姿をネタにからかわれることはあったが、どんなに罵倒されてもニコニコ笑っている師匠の寛大さに感服したものだ。

 挨拶の際の決まりゼリフ「一度でいいから見てみたい 女房のへそくり隠すとこ」のフレーズとともに、あの師匠の笑顔は視聴者の胸に永遠に刻まれることだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  7. 7

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る