名匠ロブ・ライナー“1人3役” 意欲作「記者たち」への思い

公開日: 更新日:

 映画「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」などのロブ・ライナー監督(71)が、作風をガラリと変えた新作で話題になっている。映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」(3月29日・金からTOHOシネマズシャンテ他で全国公開)はイラク戦争で、ブッシュ政権の大義名分「大量破壊兵器の保持」を疑い、でっち上げだと暴いた中堅新聞社の記者たちの実話。来日中のライナー監督に聞いた。

 ――この作品を企画・製作し、監督し出演まで携わった動機は何ですか?

「2003年に米軍の『衝撃と畏怖』作戦の始まった頃、いつもモヤモヤした気持ちでいたんです。自分の子どもが路上に飛び出し、トラックにひかれそうになっているのに、何もできないでいるような無力感、フラストレーション。政府というものが、いかにプロパガンダを使い、嘘をついて国民を欺くものなのか。それを野放しにするとどうなるか、私たちは歴史から十分学んできたはずなのに、またその繰り返しを目の前で見てしまった。それで映画化へ向け試行錯誤するなか、真実をつかみ、伝えようとしながらも、一般の方まで届けることができなかった4人の記者たちの存在を知りました。健全で独立したメディアが我々の民主主義にどれだけ必要なものか、警鐘にもなればと思ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る