名匠ロブ・ライナー“1人3役” 意欲作「記者たち」への思い

公開日: 更新日:

 映画「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」などのロブ・ライナー監督(71)が、作風をガラリと変えた新作で話題になっている。映画「記者たち~衝撃と畏怖の真実~」(3月29日・金からTOHOシネマズシャンテ他で全国公開)はイラク戦争で、ブッシュ政権の大義名分「大量破壊兵器の保持」を疑い、でっち上げだと暴いた中堅新聞社の記者たちの実話。来日中のライナー監督に聞いた。

 ――この作品を企画・製作し、監督し出演まで携わった動機は何ですか?

「2003年に米軍の『衝撃と畏怖』作戦の始まった頃、いつもモヤモヤした気持ちでいたんです。自分の子どもが路上に飛び出し、トラックにひかれそうになっているのに、何もできないでいるような無力感、フラストレーション。政府というものが、いかにプロパガンダを使い、嘘をついて国民を欺くものなのか。それを野放しにするとどうなるか、私たちは歴史から十分学んできたはずなのに、またその繰り返しを目の前で見てしまった。それで映画化へ向け試行錯誤するなか、真実をつかみ、伝えようとしながらも、一般の方まで届けることができなかった4人の記者たちの存在を知りました。健全で独立したメディアが我々の民主主義にどれだけ必要なものか、警鐘にもなればと思ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る