沖縄アクターズ&ライジング 20年ぶり最強タッグ誕生の裏側

公開日: 更新日:

「一度は方向性の違いや金銭問題などで仲たがいしましたが、互いが互いを認め合う関係性だからこそ和解したのでしょう。芸能界の最強タッグ復活といえます」(ジャーナリスト・二田一比古)

 第2の安室誕生となるのか――。安室奈美恵を筆頭に、MAX、SPEED、DA PUMP、三浦大知など“スターの原石”を発掘した沖縄アクターズスクール代表のマキノ正幸氏(78)と、原石をスターにまで磨き上げたライジングプロ社長の平哲夫氏(72)が約20年ぶりにタッグを組み、沖縄発のスター発掘プロジェクトをスタートさせるというのである。

■安室奈美恵らの生みの親と育ての親が電撃和解

 沖縄の地元紙である琉球新報が両者の対談を掲載し話題だ。それによると、平氏は「流れに乗るだけでなく、むしろ流れにさおをささなければいけない。(中略)僕はマキノさんに『せめてアジア1位になるようなタレントをつくってほしい』とお願いしている」などとし、マキノ氏が「お互いの信頼関係は以前より深くなった。(中略)より良いコミュニケーションが取れており、代表の考え方も分かる」と応じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る