<4>“ばっばん”は風邪でも腹痛でもヤクルトを薬の代わりに

公開日: 更新日:

 歌之介こと野間賢は鹿児島県・大隅半島の南西部、肝属郡大根占町(現・錦江町)に生まれた。3歳の年に父親の仕事の関係で京都に移住する。小学校に入学してすぐ、酒癖がよくない父親の暴力が原因で両親が離婚。賢と5つ上の兄と3つ上の姉を連れて、母親は鹿児島の実家に戻った。

「祖母が遺族年金で一人暮らししていた家に4人が転がり込んだので経済的に生活できるわけありません。それで母親が大阪の紡績工場へ出稼ぎに行き、仕送りすることになった。だから私はおばあちゃん子なんです。鹿児島弁で『ばっばん』と呼んでました。なんとか家計を助けようと、兄ちゃん、姉ちゃんと私でヤクルトの配達をしてました。まだ小さい瓶に入ってる時代です。本数が多いと重かったのを覚えてます。ばっばんはヤクルトがなんにでも効くと信じてて、風邪でも腹痛でも薬代わりに飲まされました。目が痛い時はまぶたに塗られたのでくっついて目が開けられない。するとばっばん、『目にはジョアの方がよかったかね』だって(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る