<3>遺品の時計の修理に50万かかると知った時に師匠の声が

公開日: 更新日:

 歌之介が師匠の形見分けでもらった遺品の中に、高価な物が2つあった。ひとつはクリソベリル・キャッツアイの指輪である。

「私の指に合うように、宝石屋さんでリングを継ぎ足して広げてもらいました。『クリーニングはしてますか』と聞かれたんで、『師匠が時々台所でママレモンで洗ってました』と答えたら笑われました。今では私の指にはまるようになってます。博多の料理屋のカウンターで、その指輪をはめて飲んでたら、近くにいた顔の怖いその筋の方が目ざとく見つけて、『いい指輪はめてるね』とうらやましげに眺めてる。隣に愛人の女性がいて、彼女に見せてやってくれと頼まれたので指輪を渡すと、彼女がはめて、『あたしにピッタリ』だって。慌てて取り返しました」

 もうひとつの高級品は時計だった。

「スイス製のオーデマ・ピゲです。晩年、師匠が愛用していた物で、高座に上がる前に、『持ってろ』と指輪と一緒に渡されると、楽屋の師匠方に、『なくすなよ。それ両方で1000万円だぞ』と脅かされたものです。手巻きでして、壊れていて動かない。修理するにはスイスの本社に送らないといけないので50万円くらいかかると時計屋に言われ、そんなにかかるんだったら使わずに置いておこうと思ったんです。ところが、『4代目円歌を継ぐやつが50万くらい出せないのか』という師匠の声が聞こえたような気がしましてね。修理費を惜しまずスイスに送って直してもらいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る