漫画家バロン吉元さん 師匠・横山まさみち氏との一枚

公開日: 更新日:

 1960年代から70年代にかけて巻き起こった劇画ブームの立役者のひとりであり、代表作「柔侠伝」シリーズは全共闘世代に圧倒的な人気を博した。80年以降は「龍まんじ」名義で絵画制作をするなど幅広く活躍中だ。今年デビュー60年を迎えたバロン吉元さんの修業時代とは……。

  ◇  ◇  ◇

「これは私の師匠の横山先生のお宅で、奥さまが撮ってくれた写真です。60年代の中頃かな。横山プロが設立されたばかりで、アシスタントは私1人。桜台のアパートから江古田の仕事場まで、毎日自転車で15分かけて通いました。貸本漫画から雑誌に軸足を移そうという頃で、先生は連載を何本も抱えて大忙し。徹夜続きの毎日で、アパートに帰れない日もよくありました。でも給料は2000~3000円。今のお金に換算すれば2万~3万円くらいでしょうか。それでは生活できないから、夜はキャバレーのボーイなどのアルバイトで食いつないでいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る