小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

古巣以外から声掛からず 元TBS三雲孝江アナは突っ込み不足

公開日: 更新日:

診断結果は…【不可】

 2回目の米朝首脳会談は成果のないまま終わった。これを受け、2日のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」の「7DAYS REPORTS」コーナーでは、その経緯や今後の見通しについてやりとりした。

 ウォールストリート・ジャーナル東京支局長、ピーター・ランダースが「トランプ(米大統領)はエンターテイナー。第2幕は終わったが、(非核化への合意や朝鮮戦争終結宣言などの)逆転のある第3幕、第4幕もあるのでは」と語った後、同じくコメンテーターを務める三雲孝江(64)は「なるほど。(それにしても)決裂にはびっくりしましたよね」と単なる感想だけ。無理は承知だが、突っ込みがゼロでは……。

 その後、アポ電(アポイントメント電話)に緊縛と手口が似る高齢者を狙う強盗が話題に。オレオレ詐欺や振り込め詐欺の延長線上の荒っぽい強盗に安住紳一郎と三雲がこんなやりとり。「アポ電という言葉を初めて聞いた人も多いと思うが」と安住。三雲は「だまされないと思っても、(詐欺グループの手法が)先にいっている」と応じた。ここはだまされないヒントのひとつでも欲しいところだが、安住が「三雲さんもだまされないでね」と受けるのが精いっぱいだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る