青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

公開日: 更新日:

■たけしとの深夜デートに駆けつけると

 西麻布のイタリアン「キャンティ」でビートたけしと深夜デートしているとの情報が入り、駆けつけると、ちょうど店を出てくるところだった。

「うるせえ、バカヤロー」

 直撃するとたけしは怒鳴り、りえを守るようにタクシーに乗せていた。

 この頃、光子さんは春になると千鳥ケ淵のフェアモントホテルで観桜会を開いていた。芸能関係者でごった返していた。深夜まで河岸を変え、飲み歩いていく。取材用のバンで、追いかけた。六本木通りから乃木坂、青山墓地へと続く、なだらかな下りの坂道の途中にあるバーへと入っていく一団を見て、道路の反対側に車を止めて、レンズを向けた。長嶋茂雄ら巨人関係者の行きつけの中華料理店がすぐ近くにあったが、まだ六本木ヒルズなどない時代だ。辺りは暗く、深夜タクシーのヘッドライトが交錯していく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る