青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

公開日: 更新日:

 平成3年の1991年10月の朝、新聞をめくっていたサラリーマンは全面広告に目を留めた。18歳のアイドル、宮沢りえの写真集「Santa Fe」。樋口可南子の「water fruit」でこの年から始まったヘアヌード写真集をブームにし、150万部を売り上げる社会現象にしてしまった。

 りえは当時18歳。りえママこと光子さんのプロデュース、マネジメントで「一卵性母娘」とも呼ばれ「ふんどしカレンダー」など奇抜なアイデアで話題の中心にいた。翌1992年に角界のアイドル貴花田と手をつなぎ、婚約会見を開く。しかし、それはわずか数カ月で破談に。貴が心酔していた整体師の医院が四谷にあり、そこで「嫌いになった」とりえに言うよう貴は促されていた。

「残念です」

 いつも元気いっぱいのりえが会見ではうつむき、唇をかんでいた。この後、りえはビートたけし、先代・勘九郎、市川右近らとすったもんだしていく。はるか年上の男たちばかりを選んだのは、誰かに支えて欲しかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る