青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

「お話しできることはありません」明菜に感じた悲劇の影

公開日: 更新日:

 平成の幕開け1989年7月、血まみれの中森明菜(23=当時)が慈恵医大に緊急搬送された。マッチこと近藤真彦(25=同)のマンション浴室で自殺を図り、左肘内側に深さ2センチ、長さ8センチの神経に達するほどの重傷を負ったのだ。手術は6時間に及び、レコ大2年連続大賞受賞の歌姫は死線をさまよう。衝撃のニュースが日本中を揺るがし「どうして」の声が上がる中、「やっぱり」との感想もあったのである。そんな悲劇を予想されるような影、危うさ。渋谷公園通りを上がってきた明菜を直撃したときも感じられた。

 名刺を渡し、質問を投げかける。

「お話しできることはありません」と、コメントを拒絶する。その声は小さく、こちらと目をほとんど合わせない。ステージで「少女A」などを歌う姿とのギャップ。そんなに気の強いタイプではなかったのだ。今で言うところのオーラも感じられなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る