希林さん告別式でも注目 宮沢りえの喪服をマナー講師診断

公開日:  更新日:

 小雨が降りしきる中、しめやかに営まれた樹木希林さん(享年75)の告別式。俳優仲間や関係者、ファンなど1500人が参列し、がんと闘病しながら最期まで役者として生きた故人を悼んだが、実はある女優の喪服が注目されていたという。

「宮沢りえです。彼女は過去に非常識な喪服で非難を浴び、ネットで炎上騒ぎになった“前科”がある。それ以来、ウオッチの対象となっている」(スポーツ紙記者)というのだ。

 きっかけは2011年7月、俳優・原田芳雄さんの告別式だった。いまから夜会に繰り出そうといわんばかりの肩をモロ出ししたノースリーブ姿。夏の夜のため、本人は暑さ対策を講じたつもりかもしれないが、TPOを無視した露出度の高さはブーイングの嵐を呼んだ。続く12年の中村勘三郎さんの通夜、そして16年の蜷川幸雄さんの通夜には派手な装飾が施されたクラッチバッグを持ち、更なる失態をさらしたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る