青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

公開日: 更新日:

 バンにはこのときカメラマンふたりが乗っていて、りえの出てくる一瞬を待ち構えた。取材用の車はウインドーをスモークにして、カメラマンはその中からシャッターを切る。ターゲットの芸能人に気づかれたり、不審だと車内をのぞきこまれたり、車体を揺すられたりするからだ。

 110番される恐れもあり、住宅街ではエンジンも止める。当然ながらそうするとエアコンも使えない。真冬の深夜、車の中で大の男がぶるぶる震えているなんて、誰が想像するだろうか。そしてこのときも、花冷えがしていた。そんななか、ひとりのカメラマンはウインドーを下げて、長玉レンズを車外に出した。

 現場が動く。ドアが開いて、関係者が出てきた。りえ母娘を見送ろうと待っている。光子さんの大きな体の向こうで、お人形さんのようなりえが浮き立つ。そこだけ光っているような存在感だ。夜でも帽子やサングラスをする芸能人が少なくない中、りえはどちらもしていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る