青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

拒絶のトヨエツと冗舌の羽賀研二…過熱した取材合戦の記憶

公開日: 更新日:

「取材には一切応じません。撮影もやめてください!」

 東京都世田谷区等々力の住宅街に、あの個性的な声が響く。言葉を尽くしても、聞く耳を持たない。カメラマンは一眼レフをアスファルトに置いて、両手を上げて、後ずさりした。

 トヨエツこと豊川悦司がブレークしたのは平成4年、1992年のドラマ「NIGHT HEAD」だった。94年に映画化されるなど、話題をさらい、映画版で共演した当時19歳の女優小島聖との熱愛が発覚、等々力で同棲する一戸建てを直撃したときのことである。

 当時30代半ばの豊川はマスコミ取材を受けないことで知られていた。実際に相対すると、186センチの痩身を全身ピリピリさせ、肩をいからせ目を吊り上げる拒絶ぶりを見せた。

 このころ同じ等々力の、駅近くには梅宮アンナと交際中の羽賀研二がビル地下に住んでいて、大きな犬を飼っていた。豊川と同年代の羽賀は直撃すると、こちらの目を真っすぐ見据えたまま、よくしゃべった。アンナとの交際はアンナパパこと梅宮辰夫が「希代の悪」と羽賀を吐き捨て、羽賀の前に立ちはだかる。アンナをめぐる男の対決もドラマのようで、渋谷区松濤の梅宮邸などには芸能マスコミが張り付いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る