R-1優勝の霜降り明星・粗品 “フリップネタ”を貫けた発想力

公開日: 更新日:

“ひとり芸日本一”を決める「R―1ぐらんぷり2019」の決勝戦が10日に行われ、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(26)が優勝した。エントリー数は2542人。粗品は昨年、コンビで「M―1グランプリ」を獲得しており、史上初の2冠達成となった。

 粗品はフリップに描かれた絵や文字のボケに変幻自在にツッコむスタイルで、ファイナルステージまで同じスタイルを通した。お笑い評論家のラリー遠田氏はこう語る。

「彼は高校生の時からお笑いを志し、もともとピンで活動していたんです。19歳の時には、若手の登竜門である『オールザッツ漫才』の“FootCutバトル”でもフリップネタで優勝しています。フリップを使うネタは、ピン芸としてはオーソドックスな形式ですが、実は非常に難しい。料理で言ったら“盛るだけ”とか“シンプルに塩味だけ”というか、単純だからこそ腕が試される世界。ありがちなようでいて、あれで優勝するのは相当難しいことだと思います。その点、粗品さんは、発想力やセンスがズバぬけている。またツッコミの間や言い方の技術も磨き抜かれていて、きっちりと笑いを生み出すことができるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る