ピン芸人・佐久間一行 絵本上梓のウラに旧友又吉の奔走

公開日:

 新たな芸人作家の誕生だ。11年「R-1ぐらんぷり」優勝者のピン芸人、佐久間一行(39)が絵本「ふでばこ君」(幻冬舎、来月5日発売)を上梓する。本人いわく「夢にも思わなかった」作家デビューの舞台裏には、芥川賞作家・又吉直樹(36)の存在があった。

 処女作は15年1月から8月までの7カ月間、ツイッターでほぼ毎日投稿し続けた漫画をとりまとめたもの。「見てくれる人に楽しんでもらいたい」という思いで描き始め、4コマ漫画のような短編にするつもりだったが、3万5000人を超えるフォロワーから次々と続きを期待する声が寄せられ、完結までに描いたカット数は計442コマ。1本150円の水性ボールペン(0・5ミリ)ですべて手描きし、要した替え芯は100本超。一冊の本にまとめると、全800ページ、厚さ4センチ、重さ1キロに及ぶ超大作になったという。

「物語の構想は、フリップ芸のネタづくりと共通するところがあり、苦になりませんでした。むしろ、やる気がどんどん湧いてきて、僕自身が楽しくなっちゃったくらいです(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る