桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

旅ものは昔から凸凹コンビの弥次喜多と決まっている

公開日: 更新日:

 そんな2人を起用した局が悪いと言ってしまえば、それまでなのだが……。

■“初代”太川&蛭子は「鉄道」でも珍道中

 一方、初代コンビ太川&蛭子の場合、“しっかり者”太川と、“うっかり者”蛭子とでキャラが立っていた。

 この2人のコンビはバスから列車に乗り換え、9日放送の「太川・蛭子 ローカル鉄道寄り道旅」でも変わらず名(迷)コンビぶりを発揮していた。番組ではしっかり者の太川がリュックを忘れるというまさかのハプニングもあった。ボケは蛭子ひとりで十分なのに……。

■居眠り徳光&シッカリりっちゃんも名コンビ

 ちなみに、ほかの番組はというと、「路線バスで寄り道の旅」(テレビ朝日系)の場合、居眠り徳光(和夫)さんには、しっかり者のりっちゃん(田中律子)がついている。もっとも2人は名コンビというよりは、介護する方とされる方という感じがしないでもないが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  7. 7

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る