桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

旅ものは昔から凸凹コンビの弥次喜多と決まっている

公開日: 更新日:

 また、「有吉くんの正直さんぽ」(フジ系)は“正直”の位置づけなのに平気で失礼な態度をとる有吉弘行と、フォロー役のショーパン(生野陽子)がいる。

 要するに、「東海道中膝栗毛」の時代から旅もののコンビは凸凹コンビの「弥次さん喜多さん」で、それは平成の今も変わることがない。なのに、田中&羽田コンビでいけると思った制作者が悪い。シリーズ通算成績は4勝4敗、おまけに現在、2連敗。視聴率もずっとヒトケタ台と寂しい限り。

 いよいよ、テレ東も見限ったか、16日の第9弾「千葉・南房総~福島・大内宿 人情ふれあい珍道中」(マドンナは真琴つばさ)で「失敗したらコンビ解散で、バス旅引退!」というミッションを与えた。もっともそれさえ「どうでもいいですよ~」と言われてしまいそうなくらい人気がない。これで見納め!? で、視聴者がどう反応するのかが見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  7. 7

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  8. 8

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  9. 9

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  10. 10

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る