桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

バラエティー番組の“ぶっちゃけトーク”が今また面白い

公開日: 更新日:

 5日「おかべろ」(フジテレビ系)のゲストは桂文枝&きん枝。きん枝は近々4代目桂小文枝を襲名するが、若い頃はかなりムチャをしてきたとか。警察のお世話になったこと数回。留置場では「2番」と呼ばれていたことを、兄弟子の文枝に暴露されていた。

■「ギャラは」と言ったら「下げてほしいの?」

 2人とも吉本所属。岡村&ロンブー亮が「ギャラ交渉の仕方を教えてください」と尋ねてお金の話に。「僕は言ったことがない。自分のギャラも知らない」と文枝。昔、交渉に行って「ギャラで……」と口にしたら、「下げて欲しいの」と言われたときん枝。「仕事したからお金くれ」と言ったら「やらしいこと言うな」と一蹴されたとか。

 岡村も自分たちのパチンコ台が出たことを知らずにいて、気がつき「こんなん出てますけど」と言ったら「バレたか」と言われたとか、交通費しか出ないという営業に行ったら、本当に260円の電車賃しかもらえなかったとか、ギャラにまつわるぶっちゃけ話はやっぱり面白い。昨今の若手芸人が月収〇〇〇万円とぶっちゃけても、数字を言ってるだけ、面白さが伝わらない。もっと深掘りしないとね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る