桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

旅ものは昔から凸凹コンビの弥次喜多と決まっている

公開日: 更新日:

■「路線バス」の田中&羽田が失敗した理由

 太川陽介&蛭子能収コンビでおなじみだったテレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」となり、2代目コンビ、田中要次&羽田圭介に代わって間もなく2年が経とうとしている。

 2代目に代わってから熱心に見なくなったという人も多いに違いないが、私もそのうちのひとりだ。

 なぜ、見なくなったのかというと、2人のキャラがいまいち弱いというのが理由。

 そもそも田中は木村拓哉主演ドラマ「HERO」(フジテレビ系)での「あるよ」のマスター役で注目された役者。羽田もお笑い芸人・又吉直樹と同時に芥川賞を受賞し、「じゃない方」と注目された作家。旅番組のメインを張れるほどキャラが立っているわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る