てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

どこまでも他者に寄り添う「藤井隆」は唯一無二の芸人

公開日: 更新日:

「『椿(鬼奴)さん、それは実はソバージュじゃないんだ』って」(藤井隆/TBS「A―Studio」2月22日放送)

 お笑い芸人だけではなく、音楽プロデュースも行い、自ら主宰するレーベルも持っている藤井隆(46)。椿鬼奴もそのレーベルからCDデビューしたひとりだ。2人の出会いは、あるテレビ番組。そこで鬼奴が、MAXの4人のモノマネを1人でやる「鬼MAX」を披露したのを見て、藤井が大笑い。程なくして意気投合し仲良くなった。

 だが、どうしても気になることがあった。それは彼女の髪形だ。ラインがそろっていない“ソバージュもどき”になってしまっていたのだ。そこで思わず口にしたことを述懐した言葉を今週は取り上げたい。

 藤井は、誕生日プレゼントに「ソバージュチケット」と称して、ソバージュの“達人”を紹介。結果的に鬼奴のビジュアルイメージも“プロデュース”したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る