てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

どこまでも他者に寄り添う「藤井隆」は唯一無二の芸人

公開日: 更新日:

「『椿(鬼奴)さん、それは実はソバージュじゃないんだ』って」(藤井隆/TBS「A―Studio」2月22日放送)

 お笑い芸人だけではなく、音楽プロデュースも行い、自ら主宰するレーベルも持っている藤井隆(46)。椿鬼奴もそのレーベルからCDデビューしたひとりだ。2人の出会いは、あるテレビ番組。そこで鬼奴が、MAXの4人のモノマネを1人でやる「鬼MAX」を披露したのを見て、藤井が大笑い。程なくして意気投合し仲良くなった。

 だが、どうしても気になることがあった。それは彼女の髪形だ。ラインがそろっていない“ソバージュもどき”になってしまっていたのだ。そこで思わず口にしたことを述懐した言葉を今週は取り上げたい。

 藤井は、誕生日プレゼントに「ソバージュチケット」と称して、ソバージュの“達人”を紹介。結果的に鬼奴のビジュアルイメージも“プロデュース”したのだ。

 芸人や俳優だけにとどまらず、2000年には「ナンダカンダ」で歌手デビュー。「いただいた当時は意味もわからず歌ってた」(NHK「おげんさんといっしょ」18年8月20日)が、この曲で「紅白歌合戦」にも出場。まさにマルチな才能を発揮していた藤井だが、自分が芸人なのか、タレントなのか、何なのかわからずコンプレックスだったという。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず