てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

考え方ひとつで「みやぞん」は今を天国のように生きる

公開日: 更新日:

「僕、もしかしたらコンマ5秒を生きてる可能性がありますね」(みやぞん/TBS「サワコの朝」3月9日放送)

 ANZEN漫才・みやぞん(33)は、いつも笑っているように見える。よく「1秒、1秒を大切に生きる」などと言われるが、彼はそれを凌駕している。そのことを語ったのが今週の言葉だ。

 この発言に対し「今を生きているんですね」と補足されると、「今っていうか、今です。今、今、今。今って言ってるうちに今が過去になるんですけど。今、今、今、今」と独特な表現で「コンマ5秒」の世界を表現した。

「今」を楽しく笑っていて、それを続けていければ、一生幸せになれる。「明日、笑顔にする」ではなく「今」。そうすれば、自然と未来は明るくなるのだと。

 みやぞんは大衆演劇出身の母の元、上に姉4人がいる末っ子の長男として生まれた。家は貧しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る