田中律子はフリーに “バラドルの時代”平成とともに去りぬ

公開日: 更新日:

 タレント田中律子(47)が35年所属した芸能事務所「ボックスコーポレーション」からの独立を発表した。「新たな気持ちで共に過ごして来た現在のマネージャーと力を合わせ、更に、精進していく所存です」とSNSでコメントし、今後は現マネジャーとともに活動していくという。

 昨今は女子アナがテレビ局から独立しフリーになるパターンが続いているが、タレントも所属の芸能プロからの独立が時流なのだろうか。スポーツ紙芸能記者が言う。

「ボックスからは、石田ゆり子さんが妹のひかりさんと共に独立し、設立した個人事務所で社長兼タレントとして成功されています。キャリアを積み、実力も世間の知名度も十分あれば、ご自分でやってみたい。もちろんリスクはあるでしょうけど、うまく軌道に乗せれば、ギャラは丸ごと自分たちのところに入ってくるし、やりたいことをやれる。田中もそうした背中を見ているのでしょうし、待ち、ではなく、攻めの姿勢では」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  10. 10

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る