発表1時間で「令和」爆速リリース 元号商法は金爆独り勝ち

公開日: 更新日:

 ビジュアル系エアバンドのゴールデンボンバー(略称=金爆)が1日の新元号発表から1時間後にシングル「令和」をリリースし話題になっている。翌日の昼時点で公式YouTubeで140万回再生、その後も再生回数は爆発的に伸びている。

■GLAYですら影薄く

 ボーカルの鬼龍院翔(34)は「メジャーレーベルじゃないからフットワークも軽く動ける」とコメント。喜矢武豊(34)による菅官房長官コスプレなど準備万端で、午前11時41分の発表から1分後にはプロモーションビデオ撮影を開始。同時に制作過程もライブ配信した。SNS上では「令和って正直しっくりこなかったけど、金爆のおかげでもう親しみを感じている」と高評価。GLAYも新元号を入れたツアータイトルと26日に新曲「元号」をリリースすることを発表したものの、インパクトは薄く、芸能界の“改元商法”は金爆の独り勝ちとなった。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る