小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

鶴瓶さんは“ドロ舟”と…数字がとれなくても乗ってくれる

公開日: 更新日:

 小松の強さは、たとえ番組が当たらない時期が続いても、あまりスランプと感じないことだ。

「倒れたりもしないんですよね。ものすごい数の番組をいっぱいやっていたこともあったんですけど、週に6~7本レギュラーやったりとか、むちゃくちゃな暮らしをしていたときもあったんですけど、日曜日には釣りに行ったりして、どこかで抜いているんだと思います。正直、自分の人生の目的が仕事だとは思っていないところがどこかにあって、それよりは日々の暮らしのほうが大事だと思っているんです。一日の中で仕事に支配されている時間が8割だとしても、自分の心の中のウエートは4割とかにしている。だから、あまりスランプを感じないし、心を病むってこともないんじゃないかなと思います」

 どの業界も同じだろうが、次々にヒット作を生まなければならないテレビマンは、1つの失敗に立ち止まっていては仕事にならない、ということもあるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  6. 6

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  7. 7

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る