ピエール瀧の保釈秘話 ネット生中継でリアリティショーに

公開日: 更新日:

 麻薬取締法違反の罪で起訴された、ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)が4日夜、保釈保証金400万円を納め警視庁東京湾岸署から保釈された。待ち構える報道陣の前に姿を見せた瀧被告は、「このたびは、私ピエール瀧被告の反社会的な行為により大変多くの皆さまにご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。30秒ほど頭を下げた。

「保釈されたのは午後7時過ぎ。署内で待機させ、民放各局の夕方のニュースで生中継されるのは避けたようです。とはいえ、テレビのニュース番組は終わってもネットで生中継されており、多くのネットユーザーがナマで視聴していました」(現場で取材した記者)

 動画配信サービス・ニコニコ動画は1日の午前10時から保釈まで計81時間以上にわたり同署の前から生中継。延べ36万人以上が視聴していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る