ピエール瀧の保釈秘話 ネット生中継でリアリティショーに

公開日: 更新日:

 麻薬取締法違反の罪で起訴された、ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(51)が4日夜、保釈保証金400万円を納め警視庁東京湾岸署から保釈された。待ち構える報道陣の前に姿を見せた瀧被告は、「このたびは、私ピエール瀧被告の反社会的な行為により大変多くの皆さまにご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。30秒ほど頭を下げた。

「保釈されたのは午後7時過ぎ。署内で待機させ、民放各局の夕方のニュースで生中継されるのは避けたようです。とはいえ、テレビのニュース番組は終わってもネットで生中継されており、多くのネットユーザーがナマで視聴していました」(現場で取材した記者)

 動画配信サービス・ニコニコ動画は1日の午前10時から保釈まで計81時間以上にわたり同署の前から生中継。延べ36万人以上が視聴していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る