「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

公開日: 更新日:

 NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」の“虜”になった視聴者も多そうだ。第1週の平均視聴率は22.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、過去5年の朝ドラの中でトップ。注目度の高い作品だけに厳しいツッコミも増えている。そのひとつが、戦後間もない北海道・十勝地方の開拓民の娘役を演じている松嶋菜々子の“美し過ぎるメーク”だったが、今回の作品を真剣に見ている視聴者ほど違和感を感じているようだ。

 例えば、帯広の菓子店「雪月」の店主の母親役を演じる高畑淳子。2016年放送のNHK大河ドラマ「真田丸」で共演した草刈正雄と“再会”を果たしファンを喜ばせたが……。

 芸能評論家の佐々木博之氏が言う。

「松嶋の雪肌メークと同様、高畑が着ている立派な着物と真っ白な割烹着姿には目を奪われました。空襲被害を受けていない地域だからかもしれませんが、それにしても“戦後感ゼロ”。店構えも妙に小粋で、あれでは浅草の老舗和菓子店の女将みたいです。しかも、ハイテンションでオーバーアクション気味の演技も気になりました。何かを必死に吹っ切ろうとしているように感じたのは私だけでしょうか。3年前に息子が起こした事件をまだ引きずっているのかなあ、なんて、余計な心配をしてしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る