主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

公開日: 更新日:

「公開初日から出足が振るわず、“テコ入れ”で高橋が女性ファンひとりひとりに白いバラを手渡しでプレゼントまでしたんですがねえ。それでも客が入らないということは、高橋一生は役者として飽きられてしまったのかもしれません」(ある芸能プロ関係者)

 アラフォーに差し掛かると、人気俳優や男性アイドルの“立ち位置”は非常に難しくなる。あの福山雅治や玉木宏でさえ結婚後に“ファン離れ”を起こしたが、独身でいれば人気をキープできるという保証はない。ジャニーズ事務所のような“縛り”がある場合は別にして、女性ファンはある時点から“AK男子”を敬遠するようになる。いくら熱心に応援しても結婚の可能性が100%ないと分かったところで、女性ファンは虚無感に襲われるようだ。竹野内豊みたいに、独身中年の俳優が人気を維持し続けることの方が難しいのだ。別の芸能関係者は「今回のドラマが高橋一生の最後の出演ドラマになるかもしれません」と私に囁いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る